2014年07月11日

ひと安心

2014年7月11日

早朝に新聞を取りに玄関の戸を開けると・・・

小雨がパラついている程度で台風8号はどうしたのかな?
安心して再びベッドに・・・

再び、起きると青空が見えてきて、台風が通り過ぎたのをTVで確認しました。
ひと安心。胸をなでおろしました。

備えはしておいたものの、何もないに越したことはありません。
この場所には運が良く、何もなかった。。。 本当に良かったです。
各地の被害状況を聞くと、台風の恐ろしさを感じます。

さて、朝現場に着くと外構工事の職人さん達3人が作業を始めていました。
来週の火曜日には終了予定とのことですが、
まだ、天気が気がかりです。最後まで気が抜けません。

ページの先頭へ

2014年07月10日

暴風雨への備え

2014年7月9日

朝、霧雨が降っていましたが、外構工事を開始しました。
工事が難行しそうでしたので、「こういう日は、無理をしないのが一番」と思い
雨が上がるのを待つ事にしました。

11日金曜日の日中には台風が関東を直撃の模様です。
養生をし、豪雨、暴風に備え現場に待機し、
暴風雨の状況のときに発生する現象を見てみたいと思います。

この3階建ての建物は、耐震等級3のみならず、耐風等級も最強のⅡを取得しています。
気になるのは、宅地内の雨水排水の状況です。
雨降りのとき、水浸しにならないように対策を取ったのですが、
こちらの方も確認ができると思います。

とにかく、災害が近年多発していますが、
私は、まず大丈夫と確信しています。
ただ、想定外のことが起きないとも限りません。
11日は、この台風の到来を逆手にとって、暴風雨時の観察日にしようと思います。

ページの先頭へ

2014年07月08日

収納の仕方

2014年7月7日

見学会が近付いている、3階建ての1回目のクリーニングが土曜日から始まって今日終わりました。

今まで隠れていた、床、玄関ドア、室内建具、キッチン等が見えてきて
仕上がり間近という感じがリアルです!
毎回のことながら、この瞬間は、良いものです。うん。

これから、お施主さまの目線で細かい部分の点検をするのが、大事な仕事の一つです。

3階建ての建物ですと、省エネ住宅といえども、
1階~3階までの体感温度は変わってくるのが分かります。
とくに、防犯上窓ガラスやシャッターを全て閉め切った状態のときが、一番分かります。
そこで、窓を多少開放すると・・・空間の空気が段違いに変化します。

やはり、建物の通風は大事です。

居室部分は、空気がコモル部分がないので、良いのですが
収納部分は、建具を閉めるので空気がコモリがちです。
ですので、衣類を収納するときは、床にスノコを敷いたり、
衣類を壁に密着させない(特に外壁側)ことが大切です。

住宅の室内建具は、上下にすき間があり、建具を閉め切っていても、多少の空気の出入りはあります。
ですが、空気が循環するというほどではありません。

春夏秋冬により収納の仕方を考慮すると、収納品にとっても良いし
家自体も長持ちする秘訣です。

ページの先頭へ

2014年07月07日

地域型ブランド化事業

2014年7月5日

今日は、小田原で行われた「平成26年度地域型ブランド化事業」の講習会に出席してきました。

ちょっとむずかしい名称ですが、
「長期優良住宅を建てれば、補助金が出ますよ!」という内容です

この補助金をもらう条件が、長期優良住宅を建てること。プラス・・・

ブランド化事業で採択されたグループに属した工務店に建ててもらうこと。プラス・・・

そのグループが採択された条件を満たさなければいけない。という事ですが・・・

条件というのは、例えば、地域材を○○㎡使用する。 などなど。
さまざまな、条件がありますが、お施主さまの損になる内容は一切ありません。

今回は平成27年度3月までの受け付けになるそうで
1社あたり5棟利用が上限になるようです。

井口住研は、毎年この上限枠いっぱいまで利用させて頂いております。
お客さまにもお得です。

ご興味のある方は、お問い合わせください。
詳しくお話しします。

0120-238-227井口住研

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求